お気に入りのシャフト!

スコアアップを狙うのに必要なのは、やっぱり道具。極論でいうとヘッドはなんでも良いから自分に合ったシャフトを探していました。中古ゴルフショップでひたすら試打。ついに見つけたお気に入りのシャフトは、Tour AD MT6s!中調子ながら手元が柔らかく、中が硬くなっていて、先がやや柔らかいダブルキックバック。しっかりとした粘りがあり、ヘッドの戻りや振り抜きが良く、しっかりとボールを捉えることができます。ドローヒッターの私にはとても相性が良く、ドライバーはソリクソンZ535、3Wと5WはヤマハインプレスRMX、この3本にTour AD MT6sをリシャフトしました。自分に合ったスペックのシャフトだとコースに出ても安心ですよね。特に方向性はゴルフをするにおいて最大の課題であったので、シャフトのおかげで80台前半までスコアが伸びました。後は、コースの攻め方やパッティングの向上で80を切る努力をしています。100切り ゴルフ

息子達が小さな時に良く入院していましたが今では思い出になっています

息子達が幼稚園の時によく熱を出して熱が下がらなかったりしたら、すぐに入院していました。
長期の入院になる事が多くて私は大変でした。
部屋は4人部屋や2人部屋が多くて小さな息子達だから、相部屋の方に気を遣う事も多かったのですが、そればかりではなく同じ年頃の子供さんが入院しているので仲良くなる事も多くて、その事が思い出になっています。
今から10年以上前の事ですが退院してから、お付き合いをした方もおられますが、気の合う友達になり遊んだりしてました。
付き合いが、いつくらい頃からか?なくなりましたが同じ市内に住んでる事、携帯電話があると言う事から、連絡を取らなくなり何十年ですがひょこっと連絡がありビックリする事もあります。
入院した時の話しに花が咲き、とても懐かしく思う事があります。
病室内で騒いだりして叱った事や、病気が重症化してお互いが心配、励まし合ったりして色々な事が話しながら甦ってきたりです。
その時は一生懸命に看病したりしていましたが過ぎ去れば良い思い出となっています。

ツアーナース

看護婦さんから一言

この話は私が入院したわけではありません。入院していたのは私の子供です。新生児だったため24時間の親の付き添いが必要でした。当時私は19歳だったのですが、子供は生後3ヶ月。いくら若いといっても精神的、体力的にも限界でした。子供と言うのは、朝、昼、晩、夜中泣きます。付き添いは私1人、24時間体制です。正直、子供が泣いても、寝込んでしまい気がつかないこととかも多々あります。そんな時看護婦さんが、気を遣ってあやしたりしてくれていました。ホントありがたかったです。病院の場所、アクアラインに乗って行かないといけない不便な所で、軽く軟禁状態にありました。銭湯行くにも、もちろん、アクアラインに乗っていくわけですから、往復3時間位かかるのです。(お風呂も3日に1度位) それでも看護婦さんは嫌な顔せず「いってらっしゃい。」気分よく見送ってくれます。唯一の息抜きです。そんな時姑に言われたんです「何時間お風呂に入ってるの?孫の面倒を見ないで。」その看護さんが言ってくれたんです「お母さん、若いのに一生懸命がんばってますよ。寝ないでがんばってますよ。」私はその言葉に救われました。今でもその看護婦さんには感謝の言葉でいっぱいです。⇒産業看護師 求人

夏の高校野球に季節がやってきた

私の中では夏といえば高校野球の季節です。
暑すぎる夏を楽しく過ごすためにも、高校野球観戦はかかせません。

現在、地区予選が行われていますが、今年はどんな代表校が出揃うのでしょう。
丁度お盆の時期と重なることもあり、地元の高校が出場した年などは非常に盛り上がります。

高校野球が終わる頃には秋を感じる季節になっています。
少し寂しいような気がしますが、毎年感じる感覚です。

しかし、高校野球が終わるとともにやってくる秋もまた別の楽しみがあります。
今はまだこれから夏本番といった感じなので、夏を満喫したいと思っています。

最近は夏野菜が出揃い、毎日夏野菜を食べ続けています。
私はキュウリが大好きなので、夏はたくさんキュウリが食べられて嬉しいです。

スイカも夏の定番です。
他にも夏定番の食べ物がたくさんあります。

夏の食べ物は低カロリーで水分が多いのが特徴です。
今年の夏は久しぶりにエアコンに頼らないで過ごしています。
その分、汗をたくさんかきますが、夏の食べ物がとても美味しく感じられます。